飲食店の従業員にわきがのコがいました。店長ならどう対応すべきでしょうか?

デリケートな問題。
そして、人が一番苦痛に感じる問題に、においがあります。
口臭もだけど、わきがも。
周囲はたまったもんじゃありません。
臭い他人のにおいをかいだだけで、本当に
イラッとするほど。

飲食店の従業員にわきがのコがいました。
店長ならどう対応すべきでしょうか?

それでなくても、不快感しか与えないわきが。
飲食店の従業員にわきがのコがいたとしたら、
苦情問題でしょう。お客も減ることでしょう。
食事前に、わきがのにおいをかがされるなんて
思っただけで、食べる気がしなくなります。

とはいえ、個人的に思うのは、そのコに罪はない。
わきがって、清潔にしていないから。
など、自堕落な本人が引き起こすものではなく、
遺伝だったり、体質だったりするんでしょ。

だったら、本人に罪はないよ。
わきがだからって、むやみに人を傷つけていいとは思いません。
もしも、私がワキガとして、店長に言われたらと想定すると、
とてもじゃないけど、そのお店にはいられなくなるし、
言い方によってはトラウマにも。
さらに、その店長が異性だった場合、
誰とも恋愛ができなくなるほど、ショックだと思います。

とはいえ、他の従業員に任せるのもツミだし、
「店長がそういってたよ」なんてその従業員が発言をした日には余計にそのコを傷つけてしまうことになります。
陰でこそこそ自分のワキガのことを言われていたんだと思ったら、それこそ人間不信になりそうですもん。

そのコを傷つけずにわきがに気づかせる方法として
誘導させるというのはいかがでしょう。
たとえば、店長の方から
「もしかしたら、わきがかもしれない。」
「最近、自分のワキのにおいの臭さが気になるんだよね~。」
など自分の方から告げる。
たとえ、そうでなくても、ここは言ってあげればいいじゃないですか。
店長なんだもん。
もしかすると、そのコも
「自分の脇のにおいが気になっている」ということや
「自分はワキガなんです」と発言するかもしれません。

そうなれば、こっちのものでしょ。
お互い、お客さんの前に出る前にはこまめに
デオドラントスプレーを使ったり、シートを使ったりしよう
と言えます。
店長の方がいつもデオドラント商品を持ち歩き
そのコの臭いが気になったら、「使う?」などと
コミュニケーションを取りながら、相手を傷つけることなく
わきがを防ぐことができると思います。

でも、そのコがもしも、自分のわきがに全く気が付いていなかったら。
店長の方が先に、自分のわきが臭うんだということを
告白したうえで、そのコにも「君もなんだか匂ってるよ」
と、はっきりと伝えればいいと思います。
本人が気が付いていない場合は、はっきり言ってあげましょう。
ただし、自分が臭うことを先に言うのが大切だと思います。
一人だけを責めるのではなく、同類を前提として
そのコにも、わきの臭いに気を付けるようにと伝えるんです。

わきがなどの臭いにおいって、その人を責めてしがちになります。
本当にあの匂いは苦痛ですからね。
でも、むやみに気づ付けてもよいということはありませんし、
自分が言われたら。。。
そう考えると、いいアイディアっを絞り出すしかありません。
自分がある日突然、”あなた、わきがで臭いよ”
といわれたらどうですか。
気にしないという方、はっきり言ってくれてありがとうと
感謝する方もいるでしょう。
そういう方は、アンビリーバボーな強い心と人を信頼している方だと思い、羨ましい限りです。
が、こんなデリケートな問題の場合、
主観より相手を気づ付けない対処をするのを
優先すべきだと思います。

要は、言い方と持って行き方ではないでしょうか。
人の言葉って、言われた側の人生を変えてしまうことがありますからね。